トップに戻る

Health Management健康経営宣言

健康経営推進体制

株式会社トータスカーアシスタンスは代表取締役社長亀山善之を健康経営最高責任者とし、下記の体制の通り健康経営委員会を設置して持続的な健康経営に取り組んで参ります。

主な健康経営への取り組み方針

  1. ワークライフバランスの推進
  2. 持続的な健康管理と
    保持ストレスマネジメントの推進
  3. ヘルスリテラシーの向上
  4. 社内コミュニケーションの促進
  5. 受動喫煙対策の推進
  6. 教育システムの構築と生産性の向上
健康経営宣言証

ワークライフバランスの推進

  • 過重労働抑制に対する取組み 
    • 年間休日日数取得向上へ向けて推進して参ります。
    • 残業時間抑制へ向けて段階的に取り組んで参ります。
    • 適切な人員を配置し業務フローの見直しを行って参ります。
  • 能力を発揮できる均等な機会と評価を設け男女均等を推進して参ります。
  • 出産・育児・介護するための両立支援の制度化を推進して参ります。
  • 災害支援として防災備蓄用品の設置、帰宅支援セットを全従業員分常備いたします。

持続的な健康管理と保持、ストレスマネジメントの推進

  • 各部署から選任委員の設置と定期的な委員会設置(議事録作成)
  • 健康保険組合、保健師との連携により定期健診率100%の実施とフォロー。
  • 定期的なストレスチェックと個々に検証機会を実施。
  • 有所見者との早期面談を可能とするシステムの構築
  • 食育として、食事の重要性とコミュニケーション力の強化に着目し、栄養バランスの良い惣菜を常時社内に完備。

ヘルスリテラシーの向上

  • 管理職、または従業員に対する教育機会の設定
  • 定期的な社内勉強会実施、ヘルスプロモーション(職場環境を健康的なものへ)
  • 衛生委員と保健師との定期的な情報交換の実施

社内コミュニケーションの促進

  • 定期的なレクリエーションを積極的に実施
  • 従業員アンケート実施
  • 経営層との面談・ミーティング

受動喫煙対策の推進

  • 社内禁煙活動の実施
  • 完全分煙化

学びを意識し外部機関との連携強化、生産性の向上を推進

  • 担当委員、相談窓口の設定
  • 役職者のパワーハラスメント、ヘルスマネジメント研修実施
  • 資格取得支援制度の確立
  • 自己のコミュニケーション能力の分析とマインドリセット
以上